Kaneda Mio


笑って眠る

このところの、つよい風や暑いほどの日、
この季節とは思えぬ日、
夕方を歩いて、私の大切な人のことを想っていた。
私は、あの人のように過ごせているだろうか。

暖まったり、揺さぶられたり、大きなうねりのある陽気。
定まらない外の様子に気持ちも鎮まらない。
うねりは暮らしにもあらわれる。
暖められ、揺さぶられ、立っていられないことがある。
すっかり忘れて笑うこともできる。
受け止めることができて、やり過ごせないときがある。
晴れの穏やかは優しい。
やわらかく丸い空気は慎みを誘ってくれる。
私はあの人のようにできているのだろうか。

夕方、表に桜の花が舞う。散り始めている。
グレーがかって、少しかすんだ花びら。
まだ敷き詰められるほどではない。
桜色を横に犬と歩く。
わかってはいても、散り始めは寂寥の想いが拭えない。
うつくしさが終わるには短かすぎて、なによりもまた、
今という自分の時間に戻らなければならない。

足下の桜色はまだ生き生きと、落ちてもなおその姿は愛らしい。
枝には、不思議と花の色に響くやわらかな黄緑があり、
  終わりではなく緑が始まるのだとまた思う。

春には暑い日。汗ばむ陽気。
私の老犬は外の暑さにたまりかね、足を伸ばして寝そべった。
微笑みながら眠り始める。
暑くて、風のつよい暮らし。始まるものもある。
今日も笑って眠る。